放課後等デイサービス ひまわり

お問い合わせご相談は04-2930-6968


ひまわりのスヌーズレン


スヌーズレンとは、オランダ語でスヌッフレン「クンクン匂いを嗅ぐ」、ドゥースレン「うとうとする」という用語を組み合わせた造語です。外界を探索することや心地よくまどろむ状態を示すものです。

現在は薄暗い部屋で、音や光や触覚などを刺激する道具を用いて様々な感覚から心地よい刺激を受けたり、光や音楽などでリラックスする方法が一般的となっています。

ただ、本来スヌーズレンは特別な部屋で行うことだけを指すのではなく、生活全体に取り入れられるものです。ひまわりはスヌーズレンルーム設置前からハンモックやサイバーホイール、ボールプールなどでスヌーズレン活動を行っていました。外活動、トトロの森で自然の音を聞いたり、自然の匂いを嗅ぎながら散歩することも広義でスヌーズレン活動になります。

スヌーズレンのポイントは、3つあります。

@人的環境の整備

A物的環境の整備

B共感 



@人的環境の整備

発達障害児の活動のペース、人やモノへの反応の仕方をありのままに受け入れ、健常の子も一緒に楽しみます。支援する人もリラックスするのでいつもより穏やかな気持ちで子どもと関わることができます。

A物的環境の整備

発達障害児が感じ取りやすく、楽しみやすいように光、音や音楽、いろいろな素材の触るモノ、香り、動きの感覚などの刺激を揃えた環境を整えます。

B共感

音や音楽などを発達障害児と他者が共感し関係を深めます。同じオモイを持つことで子どもとの距離が縮まります。

ひまわりのスヌーズレンルームは、防音室で外部の音をシャットアウトした本格的なものです。よりスヌーズレンに集中できる空間になっています。



ひまわりのスヌーズレンルームは
2つあります。
一つはご紹介した「防音室のスヌーズレンルーム」
もうひとつは「防音室に入れなかった子のためのスヌーズレンルーム」です。

メインの防音室のスヌーズレンにはたくさんの子どもたちが入ります。
サブのスヌーズレンルームは一人で過ごしたい子のための居場所です。




ナビゲーション












copyright©2013 HIMAWARI  All Rights Reserved.